« 開咬と顎関節症 | トップページ | 開咬と指しゃぶり »

2009年4月 3日 (金)

開咬とおしゃぶり

おしゃぶりの多用により開咬となってしまった3歳のお子さんが来院されました。前歯から横の歯(側方歯)にかけて上下の歯が接触しない状態です。上顎が狭窄しており乳歯の犬歯から前が反対咬合です。発音はおかしいし咀嚼もうまくできません。おしゃぶりの弊害です。注意したいものです。   渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 開咬と顎関節症 | トップページ | 開咬と指しゃぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開咬とおしゃぶり:

« 開咬と顎関節症 | トップページ | 開咬と指しゃぶり »