« ご飯(噛む) | トップページ | 噛むことでいきいき »

2009年2月11日 (水)

噛む(学童期・思春期・青春期)

毎日の食事からよく噛む習慣を身につける。:子供の成長にとって噛むことはとても大切です。噛むことで、唾液の分泌を促し消化を助ける、脳の働きを活発にするなど、多くの働きがあります。毎日の食事では、かみごたえのある食材を用いましょう。そして、間で味わって食べることの大切さを教え、しっかりと習慣づけることが大切です。(日本歯科医師会資料より)  渋谷 宮益坂 松野修次

|

« ご飯(噛む) | トップページ | 噛むことでいきいき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噛む(学童期・思春期・青春期):

« ご飯(噛む) | トップページ | 噛むことでいきいき »