« 妊娠性歯肉炎 | トップページ | 早産 »

2008年12月28日 (日)

低体重児出産

歯周病にかかっている患部から、毒素や炎症を引き起こす物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると、胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして、低体重児出産や早産のリスクが高まる。(日本歯科医師会パンフレットより抜粋)   渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 妊娠性歯肉炎 | トップページ | 早産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低体重児出産:

« 妊娠性歯肉炎 | トップページ | 早産 »