« 可徹式装置2 | トップページ | マウスガード装着 »

2008年7月 7日 (月)

固定式装置

矯正歯科治療では歯を動かすために、ワイヤーを入れる溝の付いた装置やチューブのついた装置を歯に付ける事になります。歯の周りを薄い板状のものを巻きますが「バンド」といいます。また歯の表面に溝やチューブの付いた小さなものを接着させますが、「ブラケット」といいます。このような装置は患者さん自身でrは取り外しが出来ません。固定式装置といいます。     渋谷 宮益坂 松野修次

|

« 可徹式装置2 | トップページ | マウスガード装着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 固定式装置:

« 可徹式装置2 | トップページ | マウスガード装着 »