« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

スクリュウ付きエキスパンダー

スクリュウとはねじが組み込まれて要る装置です。患者さん御自身が1日少しずつ細いワイヤでねじを開きその力で骨格の継ぎ目を開いて成長を促したり骨を添加を促したりします。取り外しの出来るタイプと固定してしまうタイプがあります。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

ハビットブレイカー

乳歯の時期から永久歯に生え変わる時期に指しゃぶりとか舌を突き出す癖などがあると、顎の成長や歯並びに大きな影響を与えることがあります。この様な癖を悪習癖称して注意を促します。なかなか話しただけで治しきれない場合は取り外しの出来る装置で歯の裏側に当たるところにガードをつけて癖が起こらないようにつかってもらいます。固定式にすることもあります。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

パタカラ

歯並びに大きな影響を与えるものに筋肉の力があります。歯は内側は舌に接触しており、外側は唇、これは口輪筋、それに頬、これは頬筋に覆われており、内側と外側の筋肉の力のバランスによって非常に大きな影響を受けています。たとえば、いつも鼻が詰まったり、のどの扁桃腺やアデノイドは異常に腫れたりしていますと、鼻呼吸が出来ずに口呼吸になると歯は前に押され唇が緩んでいつも口が開いた状態になってしまいます。この様なときには口輪筋の訓練をしますが(筋機能訓練)そのときに使う装置が「パタカラ」といいます。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

クリアアライナー

取り外しが出来る装置です。トゥースポジショナーと同じように使いますが上下がくっついていなく分かれていますので昼間も使い安いかもしれません。  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

渋谷地区矯正歯科医会 無料相談

渋谷地区矯正歯科医会では西武百貨店入り口で毎年7月「歯並び無料相談」を行っています。本日午後当番にあたり相談を行いました。八重歯のご相談の方がお父様といらして熱心に話しに聞き入っていました。治療の時期、治療費、期間などです。」渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

ダイナミックポジショナー

トゥースポジショナーとほぼ同タイプですが、材質がやや柔らかく多めに歯の移動が可能ということです。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

トゥースポジショナー

マウスピースにタイプの取り外しの出来る装置です。歯形を採り模型上で目的の位置に歯を並び替えます。その歯形をもう一度型採りします。そして弾力性のある材質でマウスピースを作りそうちが出来上がります。使うときはお口に装着して噛む力を加えて目的の位置に徐々に移動していきながらその位置に安定させる装置です。「動的な保定装置」です。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ビムラー、トイシャー

機能的な状態をよくする取り外しの出来る装置です。使う頻度は少ないかもしれませんので名前だけ挙げました。  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

咬合挙上装置

前歯の噛み合わせが深い場合、正面から見たときに下の前歯が上の前歯に隠れてて全然見えない様な状態です。下の前歯が伸び出ている、廷出しているといいますが、そういうことが多いのです。取り外しの出来る装置で下の前歯が噛んだ時前歯が装置に当たって下に押し込む、圧下といいますが、このようにして使っていると前歯の高さがよくなってきます。このような装置を「咬合挙上装置(咬合挙上板)」といいます。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

デーモンシステム

デーモンシステムのセミナー2日目が開催されました。実習も含めた細かい技術的なことの話もありました。当院でも5年前より1部導入しております。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

デーモンシステム

矯正歯科治療のテクニックの1つにデーモンシステムがあります。本日はそのテクニックをDR.DAMONから直伝で習得し、今世界でセミナーをされている、DR.PIETER VAN HEERDENの講演があり、参加しました。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

バイオネーター

上の前歯が出ているタイプで、実は上顎に対して下顎の方が後退している噛み合わせの場合は上を引っ込めるとバランスがくずれます。下顎を前に出す治療をしなくてはなりません。下顎の前方への成長を促す装置です。「バイオネーター」といいます。前歯が深く噛んでいる(下の前歯が上の前歯の歯茎に噛みこむ)ことが多いのでそれも同時になおします。これも取り外しが出来ます。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

機能的顎矯正装置、FKO、エフカーオー

前歯の反対咬合の内、下顎自体はさほど前に出ていないのですが、前歯が噛んだ時に上よりも前にずらされる噛み合わせを機能的な反対咬合といいます。噛む筋肉の癖を治す、機能的なずれを直す装置です。    渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

東京矯正歯科学会大会

東京矯正歯科学会大会が17日有楽町朝日ホールおいて開催されました。口演の他特別講演として、東京歯科大学解剖学講座 井出吉信教授が「摂食嚥下知っておきたい解剖学」と題して話されました。   渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

レーザー治療・ホワイトニング

東京都歯科医師会卒後研修が東京歯科大学保存学講座平井義人教授のご指導の下レーザー治療とホワイトニングのテーマで開催されました。学術委員会委員として司会等しました。      渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

チンキャップ

取り外しの出来る装置で反対咬合のタイプで下顎骨の前方成長の抑制や方向を変えるために使う装置です。下顎のキャップを付けそれを頭にネットで固定したり、テープ上の布ベルトをキャップ状にしたものをかぶって固定にします。ゴムで後上方に引っ張る感じです。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

プロトラクター

上顎骨前方牽引装置をプロトラクターといいます。上顎骨が劣成長で前歯は反対咬合になりますが、そういう場合、奥歯から前方向に引っ張る力をかけるようにして、成長を促します。        渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

ヘッドギヤー

第一大臼歯など奥歯を後方に動かして歯を並べる隙間を作ったり、上顎骨の前方成長を抑制したりするときに使用する装置に「ヘッドギヤー」というものがあります。この場合奥歯に「バンド」をつけて(固定して)、そのチューブにヘッドギヤーのワイヤーを入れ込む使い方で、固定装置と可徹式装置を両方使う場合もあります。    渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

渋谷区歯科医師会 地域保健委員会

「よい歯のつどい・歯の健康ひろば」は地域保健委員会が企画し、実行委員会で細部検討します。委員会委員は全員実行委員にもなります。反省の委員会が持たれました。今年度は400名くらいの参加者があり啓蒙活動としては大変に成功裏に開催できた。新企画等「食育」を大きなテーマとしたことも成功の1つであると思う。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

フッ素ジェル

フッ素の効果は、1.歯を丈夫にする 2.むし歯菌の発育を抑制する 3.再石灰化を促す などの効果があります。新潟県のある地区では地域ぐるみ「フッ素の利用」に取り組み非常によい成績が見られたという報告があります。いろいろな形で利用したいものです。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

渋谷区学校保健会 理事会

渋谷区学校保健会は前回会長選で選出された伊村会長の下始めての理事会でした。今年度は特に「50周年記念事業」が控えていますので、協議事項が多くなりますが、実質的には実行委員会で検討しています。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

東京歯科大学 補綴学講座 櫻井薫教授

東京都歯科医師会卒後研修は、2回目の担当で東京歯科大学 補綴学講座 櫻井薫教授が咬合器の使い方とゴシックアーチに描記法について、という講義と実習の手伝いをしました。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

フッ素洗口

フッ素の洗口は濃度の薄いフッ素液でお口をゆすいで少し歯に停滞するようにしておくのです。マウスガードを使用する児童には1日数時間使うとすると唾液の流れがその間多少悪くなるのでフッ素の洗口を進めています。      渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

マウスガード装着

マウスガードの歯形を1週間前に採りました児童の試適と装着をしました。先週も欠席した児童の「歯磨き指導」の行いました。小学校低学年も前歯の事故など統計を見ますと意外と多いので装着を進めたいのですが、集団で使う場合個々で管理できることが必要ですので学校では4年生以上ということにしています。   渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

固定式装置

矯正歯科治療では歯を動かすために、ワイヤーを入れる溝の付いた装置やチューブのついた装置を歯に付ける事になります。歯の周りを薄い板状のものを巻きますが「バンド」といいます。また歯の表面に溝やチューブの付いた小さなものを接着させますが、「ブラケット」といいます。このような装置は患者さん自身でrは取り外しが出来ません。固定式装置といいます。     渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

可徹式装置2

マウスピースの様なタイプの装置も混合歯列期や永久歯列期に全体を直す場合や矯正治療後に歯が乱れる「後戻り」などのときにも使うことがあります。似たようなタイプで上だけに使う「ナイトガード」(歯軋り防止など)やマウスガード(スポーツガードともいい、コンタクトスポーツなどをするとき怪我の予防に使う)などもあります。そのほか、顎関節症などに上だけ、または下だけ治療で使う「スプリント」があります。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

可徹式矯正装置

矯正歯科装置の中で、患者さん自身が取り外すことの出来る装置である可徹式装置で治療することがあります。子供の治療で乳歯の時期、乳歯と永久歯の混ざった混合歯列の時期などに一部の歯を動かしたり、上下顎の骨格の位置を成長とともに治したり、狭い顎の成長を促したりするときなどに使います。また、固定式装置で治療を終了したときに使う「保定装置」はよく使われる可徹式装置です。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

7つの習慣

JTDリサーチ(東京歯科大学同窓会渋谷支部の若手が中心に集まって進めている勉強会 世話役をしています)で「7つの習慣」の話がありました。スティーブン・R・コヴィーが提唱しています。1.主体性を発揮する 2.目的を持って始める 3.重要事項を優先する 4.WIN-WINを考える 5.理解してから理解される 6.相乗効果を発揮する 7.刃を研ぐ です。  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

東京歯科大学矯正 末石研二教授

東京都歯科医師会の卒後研修が始まりました・学術委員が分担して司会等の手伝いをしています。今年度第1回目は東京歯科大学の矯正学講座に担当してもらい小矯正について1日講義と実習を行いました。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

矯正歯科治療の装置

矯正歯科治療で治療する場合、歯に装置をつけて治療する「固定式装置の方法」と取り外しの出来る「可徹式装置の方法」があります。   渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

マウスガード

常磐松小学校(歯科校医をしている渋谷区立小学校)では、今年も高学年希望者にマウスガードを作成することになりました。午後小学校に出向き休み時間と放課後を利用して、「歯磨き指導に授業」の時に欠席した児童の歯磨き指導とマウスガードのための歯型を採りました。         渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »