« 児童思春期のうつ5 | トップページ | 文部科学大臣表彰 »

2008年2月19日 (火)

児童思春期のうつ6

年齢による症状の違い  1.学童期以前・・・・・・問題行動、イライラ、ひきこもり、退行  2.小児期・・・・・・身体愁訴(頭痛・胃痛など)   3.思春期・・・・・・気分変調性障害、物乱用、行為障害    4.成人のうつ病・・・・・・不安障害の伴い、強いイライラ  (山田康先生の講演より)   渋谷 宮益坂 松野修次

|

« 児童思春期のうつ5 | トップページ | 文部科学大臣表彰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童思春期のうつ6:

« 児童思春期のうつ5 | トップページ | 文部科学大臣表彰 »