« 矯正歯科治療の進め方 悪習癖3 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方34 »

2008年2月 7日 (木)

矯正歯科治療の進め方33鼻咽頭疾患

矯正歯科治療の進め方33:鼻咽頭疾患がある場合;重症な鼻咽頭疾患すなわちひどい鼻づまりや扁桃腺・アデノイドの腫れなどで通常の鼻呼吸が出来ない場合は耳鼻科ででそちらの治療を受けていただきます。    渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方 悪習癖3 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方34 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方33鼻咽頭疾患:

« 矯正歯科治療の進め方 悪習癖3 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方34 »