« 矯正歯科治療の進め方;二段階治療 | トップページ | 前歯の反対咬合 »

2008年2月11日 (月)

矯正歯科治療 機能的問題

矯正歯科治療;二段階治療;乳歯の反対咬合がある場合、どの範囲が逆になっているかで骨格性かどうか大まかに判断します。歯によって骨格が誘導されていつも下顎が前に出ていますとその状態で顎が成長していまい結果的に下顎が上顎より前にズレが大きくなったり、大きく成長しすぎたりいわゆる骨格性の反対咬合になりやすくなることがあります。 渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方;二段階治療 | トップページ | 前歯の反対咬合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療 機能的問題:

« 矯正歯科治療の進め方;二段階治療 | トップページ | 前歯の反対咬合 »