« 矯正歯科治療の進め方11 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方13 初診 »

2007年12月20日 (木)

矯正歯科治療の進め方12 初診

矯正歯科治療の進め方12:通常は鼻呼吸をしているわけです.。いつも口を開いていると口の周りの筋肉の口輪筋が緩みます。舌を突き出しやすくなり、上顎が狭く前が出やすくなります。上の歯が出やすくなります。いわゆる、出っ歯になりやすくなります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方11 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方13 初診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方12 初診:

« 矯正歯科治療の進め方11 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方13 初診 »