« 矯正歯科治療の進め方14 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方16 初診 »

2007年12月23日 (日)

矯正歯科治療の進め方15 初診

矯正歯科治療の進め方15:歯ぎしりがある場合は、歯の接触状態に問題があるのか、噛む筋肉に問題があるのか、骨格の形態的に問題があるのか、いずれにしても咬み合わせのバランスが崩れていることが多いのです。   渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方14 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方16 初診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方15 初診:

« 矯正歯科治療の進め方14 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方16 初診 »