« インプラント | トップページ | 中川種昭教授 講演会 »

2007年12月 7日 (金)

歯の歯髄から幹細胞

乳歯の神経と言われている歯髄(実際には血管なども含む)から幹細胞を培養出来再生医療に利用できることを、名古屋大学の上田教授が発見しました。親知らずなどでも可能なようです。48時間以内に培養することが必要になるとのことです。皮膚からのiPS細胞が発表された後なのでトップニュースにはなりませんでしたが画期的だと思います。歯からのものはしっかりした歯の再生が出来るとかでしたら他の組織と違いが出来ますが同じようです。万能細胞利用のニュースもありました。ES細胞が拒絶反応や倫理面の問題を抱えていたのがかいけつされました。オーダーメイド医療で、 難病治療も可能になりそうです。  渋谷 宮益坂 松野 修次 

|

« インプラント | トップページ | 中川種昭教授 講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯の歯髄から幹細胞:

« インプラント | トップページ | 中川種昭教授 講演会 »