« 矯正歯科治療の進め方13 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方15 初診 »

2007年12月22日 (土)

矯正歯科治療の進め方14 初診

矯正歯科治療の進め方14:小さい時の口の病気で手術による瘢痕があったり、顎骨や軟組織の先天的は疾患も含めてチェックします。お口の中を診るだけで判る場合と、時間の経過でお聞きしないとわからない場合もあります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方13 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方15 初診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方14 初診:

« 矯正歯科治療の進め方13 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方15 初診 »