« 矯正歯科治療の進め方7 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方9 初診 »

2007年12月16日 (日)

矯正歯科治療の進め方8 初診

矯正歯科治療の進め方8:姿勢;顎の位置がズレていますと姿勢にも影響する時があります。体は姿勢のバランスを保つために節目で調節しています。例えば、顎が左にズレると顔は頭の上も左にいき首下は右腰は左、腰下から膝は右、膝下は左という具合です。これにより首筋が痛かったり、肩こりを起こしたり、腰痛を起こしたりすることがあります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方7 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方9 初診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方8 初診:

« 矯正歯科治療の進め方7 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方9 初診 »