« 矯正歯科治療の進め方3 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方5 初診 »

2007年12月12日 (水)

矯正歯科治療の進め方4 初診

矯正歯科治療の進め方4:調査事項書で母乳だったかどうか聞く項目があります。顎の成長を考える時に、母乳の方が好ましいといえます。吸綴反射といって吸うことは生まれつき備わっています。吸うことによって顎が鍛えられ良好な顎の成長を促します。乳児期この過程を過ごしたかどうかで差が出てくることがあります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 矯正歯科治療の進め方3 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方5 初診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矯正歯科治療の進め方4 初診:

« 矯正歯科治療の進め方3 初診 | トップページ | 矯正歯科治療の進め方5 初診 »