« 第28回全国歯科保健大会 | トップページ | 顎関節症Ⅱ »

2007年11月23日 (金)

顎関節症

最近の治療そのⅠ:1.行動変容法・・・・・張り紙をするなどで、生活習慣を改善する。  2.マニピュレーション療法・・・・・手や指を使って、下顎をさまざまな方向へ動かし関節のズレを治す。    3.ストレッチ療法・・・・・口の中に手を入れるなどで、口を開ける訓練をする。   (日経新聞より)    渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 第28回全国歯科保健大会 | トップページ | 顎関節症Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顎関節症:

« 第28回全国歯科保健大会 | トップページ | 顎関節症Ⅱ »