« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月23日 (木)

医療法人社団 快美会 認可

松野矯正歯科ではかねてから、法人化に準備を進めておりましたが、一昨日21日火曜日に、                    「医療法人社団 快美会 松野矯正歯科クリニック」                                                           として、認可されましたのでご報告いたします。本日保健所等に届をだしております。                  なお一層の精進をいたしますのでよろしくおねがいいたします。                                      渋谷 宮益坂 松野 修次 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

離乳期3

離乳期7~10か月で舌による押しつぶし、9~12か月で歯茎での咀嚼、11~15か月くらいで手ずかみで食べ、というような発達をしていきます。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

離乳期2

母乳を吸うのは反射で生まれつき備わっていますが、噛むことは訓練です。離乳期は段階的な噛むことの練習です。5~8か月で嚥下すなわち飲むことが訓練され、唇を使ってのものを口に入れる訓練が行われる時期です。渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

離乳期

授乳期では、理想は母乳で吸う力を十分に機能させることは顎の成長やお口の周囲の金機能を発達させるために大変に重要な時期です。哺乳瓶を使う場合には十分に吸う力を発揮できるようなものを使用することが大事です。 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

妊婦の口腔ケア9

胎児は妊娠4か月頃より羊水を飲み、指しゃぶりをし、そのころからお口の機能を培っています。口腔は生きるための重要な器官です。(東京都歯科医師会パネルより)  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

妊婦の口腔ケア8

歯周病の症状として、歯肉が炎症を起こすので腫れたり、赤みをおびたり、出血したり、口臭がしたり、痛みがでたりしたら歯科で診てもらうと同時に歯石を取ったり、クリーニングをしてもらいましょう。栄養的な話もよく聞いてください。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

妊婦の口腔ケア7

妊娠と歯周病の関係が報告されています。歯周病が早産・低体重児の出産に影響があるとのことです。このメカニズムは歯周病に対する炎症性細胞により産出されるプロスタグランジンE2などのレベルが血液中で上昇することにより引き起こされるということです。(東京都歯科医師会パネルより)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

妊婦の口腔ケア6

歯の出来始める時期ですが、妊娠7~8週くらいで乳歯が出来始めます。また、永久歯で初めに生えてくる第一大臼歯は出産時に石灰化といって歯に硬い部分が出来始めます。体の中でも最もかたい組織なのでできるのにはずいぶん時間がかかるのです。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

妊婦の口腔ケア5

妊娠中の歯科の治療に関しては治療するサイドの十分に注意を払います。安定期かどうか、レントゲンは撮らないで済ませられるか、麻酔の薬や服用する薬はなどです。恐れることはないのですが、注意は必要です。精神的にも落ち着いてできるようにします。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

妊婦の口腔ケア4

「妊娠性エプーリス」といって、歯肉炎が大きく盛り上がって腫れたような状態になることがあります。磨いただけではなかなか治りにくいです。歯科に行って診てもらいましょう。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

妊婦の口腔ケア3

「妊娠性歯肉炎」は妊娠時のホルモンのバランスの影響もありますが、妊娠初期口の中に歯ブラシを入れられない状況が起こったり、妊娠中の他のことでの忙しさなどで、十分な歯の手入れが出来ないことが多いのです。歯を良く磨くと同時に歯茎のマッサージに十分に気をつけるとよろしいです。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

妊婦の口腔ケア2

渋谷区では、以前行われていた母親学級がなくなりまして、現在では歯科衛生相談で妊婦さんの健診・相談を行っています。一般的には「妊娠性の歯肉炎」といって、程度の差はありますが、歯肉がはれている人が多く見られます。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

妊婦の口腔ケア

渋谷の保健所(播ヶ谷保健相談所)で歯科保健相談を担当しています。小さい子供が多いのですが、年齢に関係なく大人の方も検診相談をします。妊婦さんに関しては以前は母親学級があり、健診とスライドを使ったお話をしたいました。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

学校歯科健診・不正咬合10 開咬

上下の前歯の先が開いていて、それが6mm以上であれば、開咬と記します。通常ですと、下の前歯を2~3mm上の前歯が覆います。舌の大きさや、動き、癖などにより治療方針を考える必要があります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

学校歯科健診・不正咬合9

正中離開の原因の1つに上唇小帯の異常があります。上唇小帯とは上唇と上の前歯の歯茎の少し上を結ぶひものようなものをいいます。これが肥厚してたり、歯の間までのびでていたりしているとこの原因になります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校歯科健診・不正咬合1

学校歯科健康診断での不正咬合(歯並びの検査)については、スクリーニングという考え方です。反対咬合についての基準は「3歯以上が反対咬合」というものです。2歯または1歯は事後措置として学校で経過をみて、しかるべき健康教育をしていく。必要に応じ歯科校医との連携で進める。ということです。  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

学校歯科健診・不正咬合8

上の前歯が生えると時は、少し「ハの字」に開いた状態で生えてきます。そして、その横の2番目の歯が生えてくるときに中心に押すように生えてくるので、真ん中の隙間は閉じてきます。しかし、でこぼこしていると、生える力と骨格の成長や、隙間を閉じる力がなくなってしまます。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

学校歯科健診・不正咬合7

正中離開すなわち上の前歯の真ん中が6mm以上の隙間が開いている場合です。最近のお子さんは前歯に十分な隙間のある人が少ないのですが、真ん中が開きすぎている場合は原因があったり、後から生えてくる歯の隙間が足りなくなってくる恐れがあります。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

学校歯科健診・不正咬合6

乱杭歯が上下にあるとかみ合わせたときに上下の前歯が、挟まりあうような状況になることがあります。下顎の動きが制約されたり、顎がずらされたり、歯だけの問題ではなくなる場合があります。見かけの問題ばかりでなく顎の成長という大きな問題を引き起こすこともあります。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

学校歯科健診・不正咬合5

学校歯科健康診断で叢生すなわち乱杭歯と記されるのは、前歯の隣通しが1/4以上重なり合った場合です。歯なども磨きにくくむし歯になりやすくなります。歯周病の原因にもなります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

学校歯科健診・不正咬合4

上顎前突には、指しゃぶりなどがあったために、上の前歯だけが飛び出ている場合や、骨格自体が狭く出ている場合、奥歯から全体的に出ている場合、下顎が小さく後退している場合、下の前歯が中に倒れてる場合など、いろいろなタイプがあります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

学校歯科健診・不正咬合3

学校歯科健康診断で不正咬合を見る場合、上顎前突すなわち出っ歯として記されるのは上下の前歯の距離(ズレ)が8mm以上です。通常2~3mmですからかなり出た感じに見えます。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

学校歯科健診・不正咬合2

前歯の1~2歯の反対咬合でも奥歯のズレが大きい場合は骨格的な問題を調べた方がよろしいです。また、その歯によって顎がずらされていたり。歯がぶつかることにより擦り減っていたり、下の歯茎が退縮している場合も要注意です。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

学校歯科健診・不正咬合1

学校歯科健康診断での不正咬合(歯並びの検査)については、スクリーニングという考え方です。反対咬合についての基準は「3歯以上が反対咬合」というものです。2歯または1歯は事後措置として学校で経過をみて、しかるべき健康教育をしていく。必要に応じ歯科校医との連携で進める。ということです。  渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »