« 睡眠不足 | トップページ | 子どもたちの健やかな発育 »

2007年6月 3日 (日)

遅寝の影響

遅寝は内的脱状況を起こし運動不足を招きます。これが肥満につながったり、低セロトニン症候群、筋機能(可塑性)低下を引き起こします。そして、多動、イライラ感、攻撃性、稚拙な感情表現が見られるようになります。長時間のテレビ、ビデオ鑑賞も運動不足から、同じ症状を表すようになります。(神山潤先生 講演会資料より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 睡眠不足 | トップページ | 子どもたちの健やかな発育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅寝の影響:

« 睡眠不足 | トップページ | 子どもたちの健やかな発育 »