« 睡眠と学力 | トップページ | 夜ふかしの問題点2 »

2007年5月26日 (土)

夜ふかしの問題点

夜ふかしの問題点です。睡眠時間が減少すると、高血圧、耐糖能低下、老化促進、脳の情報処理能力の低下を引き起こします。メラトニン分泌機能低下により、性的早熟、抗酸化作用低下を引き起こします。(神山潤先生 講演会資料より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 睡眠と学力 | トップページ | 夜ふかしの問題点2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜ふかしの問題点:

« 睡眠と学力 | トップページ | 夜ふかしの問題点2 »