« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

よい歯のつどい

6月2日 渋谷 東健康プラザ アリーナにおいて、「よい歯のつどい」が開催されます。本日は「よい歯のつどい 実行委員会」が開催され、その準備をいたしました。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

長時間のテレビ・ビデオ

テレビ・ビデオを長時間見ることによる影響についてです。対話の減少に伴う人間関係の障害、攻撃性の増大など直接の脳への影響、前頭前野の障害を引き起こすコンピューターゲーム脳、ネットの匿名性による無責任性などがあげられます。(神山潤先生講演会資料より)   渋谷  宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

眠りは心と身体と頭脳の栄養

眠気とは心と身体と頭脳が出している疲れのサインです。サーカディアンリズムを考慮することが、大事です。夜ふかしをすると、キレて脳力が衰え、肥満・生活習慣病の危険が増し、老化が進むということです。眠りは心と身体と頭脳の栄養という所以です。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

フリーラン

生体時計が自由(フリー)に活動(ラン)することをフリーランといいます。朝の光を浴びないと、生体リズムが毎日少しずつ遅くずれます。このズレは、生体時計と地球の周期との差ということだそうです。赤ちゃんは生後3-4ヶ月までフリーランがありますが、このズレは朝の光のおかげでなくなってくるそうです。(神山潤先生の講演より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

夜ふかしの問題点2

夜ふかしの問題点です。内的脱同調として、慢性の時差ぼけ、低セロとニン、感情抑制困難、脳機能低下が起こります。生活習慣病として、肥満が起こりやすくなります。現代日本の子どもたちの睡眠事情として夜ふかしをしている人が多いということです。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

夜ふかしの問題点

夜ふかしの問題点です。睡眠時間が減少すると、高血圧、耐糖能低下、老化促進、脳の情報処理能力の低下を引き起こします。メラトニン分泌機能低下により、性的早熟、抗酸化作用低下を引き起こします。(神山潤先生 講演会資料より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

睡眠と学力

2004年12月20日の読売新聞の記事に、蔭山先生の調査が出ています。。国語と算数の睡眠時間と各教科の平均点です。8時間前後の睡眠時間の生徒の成績がよかった。睡眠不足になると学力低下を起こしますよということでした。(神山潤先生の講演より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

成長ホルモンとメラトニン

「早起き 早寝 朝ごはん」の中で、メラトニンのことをもう少し述べます。メラトニンの働きは1.抗酸化作用(老化防止、抗ガン作用) 2.リズム調整作用(鎮静・睡眠) 3.性的な熟成の抑制 というものです。このホルモンの分泌は光で抑えられます。夜はなるべく暗い中で、深夜営業のコンビニなどの明るい光が外から入らないようにしたほうがよろしいです。 (神山 潤先生 講演会より)  渋谷 宮益坂 松野 修次)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

成長ホルモンとメラトニン

「早起き 早寝 朝ごはん」のなかで、ホルモンです。メラトニンは細胞を守る働きをがあります。夜10時ごろから朝6時ころまで多く分泌されますが、夜の光がこのホルモンを出にくくさせます。(神山 潤先生 講演会より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

成長ホルモンとメラトニン

「早起き 早寝 朝ごはん」の中で、概日リズム、サーかディアンリズムです。成長ホルモンは、午後10時から翌日午前2時ころまでが多く分泌されます。成長ホルモンを多く分泌させるためには午後10時ころに寝るのがよさそうですが、ちょっと早いかもしれません、子どもはこの時間近くがよろしいですね。大人も体調維持のために成長ホルモンが大切です。  (神山 潤先生 講演会より)    渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

概日リズム

「早起き 早寝 朝ごはん」の中で、様々な概日リズムの話です。睡眠、覚醒、体温、ホルモンはリズムを相互に保ちながら関係しあっています。体温も午後3時ころが高く午前6時ころが低くなるリズムで推移しています。(神山 潤先生 講演会より)   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

体内時計

「早起き 早寝 朝ごはん」の中で、体内時計のはなしです。「目覚まし時計」は脳にある。人間の生体リズムをコントロール体内時計は、1日約25時間のサイクルになっている。そのズレを修正するためには、あさの日の光を浴びる必要があります。(神山 潤先生 講演会より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

睡眠

「早起き 早寝 朝ごはん」の話では、まず、睡眠についてののお話がありました。睡眠についての常識の誤り、1.夜寝たら朝までぐっすり眠る 2.子どもは、夜になったら眠るものだ 3.睡眠時間のみとっていればよい などがあげられます。   (神山 潤先生の講演より) 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

渋谷区学校歯科医会 総会

18日金曜日午後7時より、渋谷区学校歯科医会の総会が渋谷区歯科医師会館において開催されました。通常総会なので、事業計画、予算、決算が議事にあげられましたが、今総会は役員選挙も改選のため行われました。前期会長が留任となり、副会長であった私も留任ということになる予定です。渋谷区学校保健会理事も留任しました。学校の児童・生徒の健康ため一生懸命働きたいと思っています。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

東京都歯科医師会 学術常任委員会

東京都歯科医師会 学術常任委員会の委員を委嘱されました。本日第1回委員会が開催され副委員長に選任されました。学術委員会の委員としては、一期2年ですが、4期目になります。国際交流、卒後研修、都民向け講演会、学術講演会等今期も都民にはためになり役立つ、また、会員にとっては日ごろの臨床に役立つように進めていきたいと思っています。渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

早寝 早起き 朝ごはん

「目覚まし時計」は脳にある。脳の視交叉上核いうところに体内時計があって、人間の生体リズムをコントロールしている。朝の光で周期25時間の生体時計は毎日周期24時間にリセットされる。朝の光が大変重要な役割をしている。(神山 潤先生 講演会より)   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

神山 潤先生 講演 「早起き早寝朝ごはん」

「早起き早寝朝ごはん -寝る子は育つ身も心も学力もー」というテーマで東京北社会保険病院 副院長 神山 潤先生が、渋谷区学校保健会総会後講演会を行った。神山先生は「子どもの早起きをすすめる会」でご活躍されています。  渋谷  宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

渋谷区学校保健会

渋谷区学校保健会では事業として、今年度は12月13日木曜日に健康優良努力児・健康優良努力生徒および歯・口の健康優良努力生徒の表彰をします。表彰に関しては賛否両論ありますが、一つの健康に向けての動機付けになればと思います。”努力”としているところに普段の健康に対しての積極的な姿勢を評価しているところだと思います。   渋谷  宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

渋谷区学校保健会総会

学校保健会総会では、1.平成18年度事業報告 2.平成18年度決算報告 3.平成19年度事業計画 4.平成19年度予算 5.役員選出  が通常通り行われ原案通り決定された。  渋谷 宮益坂   松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

渋谷区学校保健会総会

平成19年度 渋谷区学校保健会総会が平成19年5月10日木曜日午後2時30分より開催された。総会前には渋谷区学校保健功労者表彰および学校医等退職者感謝状贈呈が行われた。  渋谷 宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

健康日本21(歯科)

「健康日本21」で歯科の中で、学齢期のう触予防、3.個別的な歯垢清掃指導を受ける人の増加(過去1年間にうけたことのある人の割合)を取り上げています。全国平均でスタート時、12.8%で目標値30%以上であったものが、中間集計で16,5%であった。   渋谷 宮益坂   松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

健康日本21(歯科)

「健康日本21」での歯科で、学齢期のう触予防の中で、2.フッ化物配歯磨剤の使用の増加(使用している人の割合)を取り上げています。対象を全国平均として、ベースライン値45.6%であったものを、目標値90%以上にした。中間実績値は52.5%であった。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

健康日本21(歯科)

「健康日本21」の中で、歯科関連の学齢期のう触予防について、1.一人平均う歯数の減少(1人平均う歯数(12本))を取り上げています。開始時2.9歯を1歯以下にすることを目標値にしましたが、中間実績値は1.9歯でした。  渋谷  宮益坂  松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

健康日本21(歯科)

「健康日本21」での歯科に関して、乳児期のう触予防として、3.間食として甘味食品・飲料を頻回飲食する習慣のある幼児の減少(習慣のある幼児の割合(1歳6か月児))全国平均スタート時29.9%であったものを15%以下を目標値とした。中間集計で22.6%であった。   渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

「健康日本21」での歯科

幼児期のう蝕予防として、2.フッ化物歯面塗布を受けたことのある幼児の増加(受けたことのある幼児の割合(3歳))、をあげている。全国平均スタート時、39.6%を50%以上とすることを目標とした。中間の集計では37.8%であった。   渋谷 宮益坂 松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

「健康日本21」での歯科

幼児期のう蝕予防として、1.う歯のない幼児の増加(う歯のない幼児の割合(3歳));全国平均でスタート時59.5%を80%に上げることを目標にしたが、中間集計では、68,7%であった。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

常磐松小学校創立82周年2

日本歯科医師会では80歳で20本の歯を残すようにしましょう、ということを「8020(はちまるにーまる)運動と称して啓蒙活動をしています。健康日本21でも歯科の項目の1つに入れています。学校の80歳をこえるお祝いにこのことをお話しました。  渋谷 宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

常磐松小学校創立82周年

渋谷区立常磐松小学校が、5月2日に創立82周年を迎えました。誠におめでとうございます。5月1日に82周年記念の朝会を行いました。歯科校医として、出席の依頼を校長先生よりいただき、参席させていただきました。前区長の「小倉基さん」は名誉同窓会長として出席され挨拶されました。   渋谷 宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

歯の健康ひろば9

「歯の健康ひろば」では、来場された方にお土産をお渡しします。歯ブラシ・歯磨き・歯間ブラシなど衛生用品をお土産の中に入れています。また、小さいお子さんのために、くじコーナーなどもあります。スーパーボールやキャラクター消しゴムや楽しいおもちゃがいっぱいあります。楽しんでください。   渋谷 宮益坂 松野  修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

歯の健康ひらば8

「歯の健康ひろば」の会場には、区内小学校、中学校から寄せられた図画やポスターが展示されます。歯やお口全体をテーマに歯科衛生に関する内容で描いてもらう予定をしております。毎年すばらしい作品が寄せられております。会場に参加された方たちの投票によって優秀作品が選出されます。それを、東京都歯科医師会のコンク―ルに応募します。そこから日本学校歯科医会・日本歯科医師会のコンクールに応募することになっています。是非、見に来ていらしてください。    渋谷 宮益坂    松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

歯の健康ひろば7

「歯の健康ひろば」では、咬合圧テストという検査をいたします。噛んだときの力がどのくらい発揮できるか。よく噛む人ですと自分の体重くらいの力が出ます。力が出せない人はそこに何か原因があります。歯が悪いところがあったり、噛む筋肉が問題があったり、不正咬合があったりします。顎の関節に問題がある場合も力がなかなか出ません。左右のバランスも大事になります。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »