« アレルギー性鼻炎 矯正歯科治療 | トップページ | 矯正歯科 装置 ゴルフ »

2007年3月 7日 (水)

鼻づまり 粘膜 矯正歯科

鼻は鼻粘膜にあるせん毛により空気中の異物を取り除いている。そして、鼻汁を分泌して乾燥した冷たい空気を過失する。同時に鼻粘膜の毛細血管の熱により冷たい空気を体温近くまで加温する。鼻炎を起したときには、くしゃみ、鼻水、が出て、鼻づまりを起す。これらの症状は外からの侵入者を対外に追い出す反応である。(耳鼻科校医 河野先生の文より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« アレルギー性鼻炎 矯正歯科治療 | トップページ | 矯正歯科 装置 ゴルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻づまり 粘膜 矯正歯科:

« アレルギー性鼻炎 矯正歯科治療 | トップページ | 矯正歯科 装置 ゴルフ »