« 日本歯科大学 高森等教授 日本大学 萩原芳幸助教授 | トップページ | インプラント »

2007年2月 3日 (土)

インプラント治療 

治療面から見た普及の要因 1)CTなどを用いた診断法の確立され、安全で確実な手術が行われる。2)インプラントシステムが簡素化され容易に、確実になった。3)インプラント体の形状や表面性状の改良による臨床成績が向上した。4)審美性の回復等を可能とする開発があった。その他  (高森教授講演より)  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 日本歯科大学 高森等教授 日本大学 萩原芳幸助教授 | トップページ | インプラント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプラント治療 :

« 日本歯科大学 高森等教授 日本大学 萩原芳幸助教授 | トップページ | インプラント »