« 鶴見大学 斉藤一郎教授 アンチエイジング | トップページ | アンチエイジング医学の実践 »

2006年12月 3日 (日)

沼田靖子アナ アンチエイジング

アンチエイジング都民向け講演会でのお話。アナウンサーの沼田靖子さん。1.食事・運動2.病気にならない意識行動3.心の健康・元気  が大事。食事でお勧めは「納豆にモズクをまぜるのがよい」 適度な運動。意識行動は基礎体温など自分で変化がわかる記録などつける。心ではいいろいろな人との出会いで元気。もちろんお口のケアもきちんとする。というような内容でした。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 鶴見大学 斉藤一郎教授 アンチエイジング | トップページ | アンチエイジング医学の実践 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼田靖子アナ アンチエイジング:

« 鶴見大学 斉藤一郎教授 アンチエイジング | トップページ | アンチエイジング医学の実践 »