« インプラント固定 | トップページ | 安全歯科 マウスガード »

2006年12月18日 (月)

学校歯科保健活動の意義

つづき    3.小学校高学年頃から、歯周病(歯肉炎)が発生する時期である。・・・小学校高学年は永久歯が交換し終わる時期です。でこぼこした叢生状態があったり、受験などで忙しく十分に歯みがきが出来ない状態が続くと歯肉炎になりやすくなります。十分な歯茎のマッサージをお勧めします。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« インプラント固定 | トップページ | 安全歯科 マウスガード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校歯科保健活動の意義:

« インプラント固定 | トップページ | 安全歯科 マウスガード »