« 学校歯科保健活動の意義 | トップページ | 保健活動 »

2006年12月19日 (火)

安全歯科 マウスガード

学校歯科保健活動の意義その4です。   スポーツなどによる歯・口・顔面部の外傷も発生しやすい。・・・・歯並びは悪いとどうしてもぶつかったりすると怪我をしやすくなります。出っ歯などでもころんだり、ボールがぶつかって歯や顎の骨を折ることもあります。常に出きるだけ気をつけることですが、予防として「マウスガード」の使用をお勧めします。   渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 学校歯科保健活動の意義 | トップページ | 保健活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全歯科 マウスガード:

« 学校歯科保健活動の意義 | トップページ | 保健活動 »