« 東京歯科大学 歯科理工懇談会 河田英司教授 | トップページ | インプラント固定 »

2006年12月16日 (土)

学校歯科保健活動

学校歯科保健活動の意義の続き。  2.むし歯が多発する時期である(萌出後1~2年がピーク)。・・・・それぞれの児童が永久歯に交換するにつれてどういうところが汚れが残りやすいかに気づき、よく自分で理解し、意識し、どう歯みがきや普段の生活で気をつけるか学ぶ必要がある。  渋谷 宮益坂 松野 修次

|

« 東京歯科大学 歯科理工懇談会 河田英司教授 | トップページ | インプラント固定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校歯科保健活動:

« 東京歯科大学 歯科理工懇談会 河田英司教授 | トップページ | インプラント固定 »