« 2005年10月 | トップページ | 2006年11月 »

2005年11月21日 (月)

空隙歯列  不正咬合6

歯の間に隙間が開いている歯並びをいいます。乳歯列の時は通常前歯に隙間があります(霊長空隙や成長空隙と言います)。また、上の前歯がはえてくる時一時的に隙間が開く時期がありますがこれも正常な状態です。問題なのは、永久歯がはえ代わった時期でもまだ歯と歯の間に隙間が残っている場合です。上の前歯の間に隙間ができると正中離開といいます。渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

常磐松小学校全国表彰

昨日、岡山市で全国学校歯科保健研究大会が開催されました。歯科校医をしている渋谷区立常磐松小学校が、午前中開会式において「平成17年度 第44回全日本学校歯科保健優良校 特別賞」で表彰されました。校長先生、養護の先生はじめ先生方の指導の下、児童の一人一人がよく健康づくりに努力して頑張ったと思います。また、御家庭の協力なくして成果も上げられなかったと思います。全国レベルでの頑張りに対し、敬意を表し、今後とも継続して一緒に頑張りたいと思います。 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

過蓋咬合  不正咬合5

上下の歯を噛みあわせて、正面からみた時に下の前歯に上の前歯がおおいかぶさり下の歯がほとんど見えないくらい噛んでいる場合を言います、子供の場合は、下顎の成長に影響します。顎の動きや顎の関節にも問題を起こすことがあります。渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

開咬 不正咬合4

上下の歯をかみ合わせた時、一部の歯が接触してそれ以上噛みこむことが出来ない状態で、上下の歯の間が開いているかみ合わせを言います。例えば、奥歯がしっかり噛んでいるのに前歯が接触せず開いていることを前歯開咬といいます。 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

叢生 不正咬合3

顎の大きさと歯の大きさの調和がとれず、歯がでこぼこして重なり合ってしまう状態で「乱杭歯」ともいわれています。小臼歯より後にはえてきた犬歯が歯列に並ばずに外側に出ていまい重なってしまったのを「八重歯」といわれています。  渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

下顎前突 不正咬合2

下顎前突

下顎骨自体が過成長で大きすぎる、下の前歯が前に出すぎる、その両方が重なった。上顎が劣成長で小さすぎる、上の前歯が中に入りすぎる、またその両方が重なる。上下両方で上が引っ込み、下が出ている、これは骨格も問題が大きくなり重症になります。上下骨格の問題がないが前歯の傾斜で上が中に傾き、下が外に出ている歯の傾斜のみの場合は見かけがひどそうでも難易度はやさしい。   宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

不正咬合の種類1

上顎前突(出っ歯)

上顎自体や上の前歯がが出ているか、その両方がでている。上が出ていなくても下顎や下の前歯が後退している。顎だけでも歯だけでも上下のズレが大きいと上の歯が出っ歯に見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

ソウル歯科医師会との国際交流

昨日、東京都歯科医師会役員と学術委員会はソウル歯科医師会役員と帝国ホテルにおいて国際交流を行いました。ソウルからは金会長はじめ29人が参加されました。交流をはじめて37年になり、1年おきに交互に来日、訪韓をしております。歯科情報の交換を主にさまざまな意見交換をし相互理解に大変有意義な時を過ごしました。 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

ブレイス スマイル コンテスト

日本臨床矯正歯科医会といって矯正歯科専門医の最大の団体が本日、渋谷のセルリアン タワー ホテル 東急において第一回ブレイス スマイル コンテストを開催しました。ブレイスとは矯正をするために歯につける装置のことです。装置をつけた治療中のかたが、いい微笑をした瞬間を捉えた写真で診査し最優秀賞他を審査し表彰しました。13人くらいの表彰でしたが皆さんすばらしい笑顔で本当に感動しました。マスコミの方も参加していただきました。有難うございました。 渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

口唇閉鎖力・筋機能訓練

上の唇と下の唇の閉じる力を口唇閉鎖力といいます。20歳男子で1500g女子で1300gくらいあるとよい。10歳男子で1200g女子で1000gくらいです。鼻が詰まっていていつも口を開いた状態でいると唇の筋肉である口輪筋が緩んで力が出ません。計測する器械がありますのでチェックするとよいです。きちんとした口呼吸が出来ないといろいろ問題が生じます。  渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

きれいなスマイル・筋機能訓練

上下の唇の境目を口角といいます。笑顔になったときこの口角が左右両方とも対照的に10度から15度くらいあがっているときれいな口元・きれいな笑顔になります。意外と左右対称的にきれいにあがっていない場合が多いのです。いつも笑顔でいる方は自然とそのようなかたちになります。鏡で見てどうも自分はうまくいっていない場合は訓練をすると変わってきます。わりばしを前歯で噛んでそこから口角がどれくらい上がっているか、不十分であれば人差し指で口角を押し上げて少しずつ訓練をすると効果がでます。  渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

口輪筋訓練、パタカラ

唇は口輪筋という筋肉でなりたっています。そして頬や顎や鼻と筋肉がつながっていますのでこの筋肉を引き締めると顔全体が引き締まって若返りや小顔化への効果が期待できます。上下つながった弾力のあるプラスチックを唇に挟む感じでその弾力に抵抗して唇を閉じようとすると筋肉を使うことになり鍛えられるという構造です。口に挟んでくわえたまま上下つながったひも状のプラスチックを左右に引っ張ると唇がひょっとこみたいに左右に曲がりより良い訓練になります。  渋谷区 渋谷 宮益坂  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

筋機能訓練・唇・口輪筋トレーニング

唇を閉じて、唇と前歯の間に空気や水をためて唇をふくらましたり元に戻したりして唇の筋肉を伸ばしたりちじめたりします。ふくらましたところをひょっとこみたいに右左に動かすと効果があります。訓練する装置「パタカラ」というのもあります。当院でも扱っています。購入の際には割引を致します。渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

舌のトレーニング(舌訓練)

筋機能訓練・舌のトレーニング

舌の先に輪ゴムを載せて正しい位置につけたまま水をのんでもゴムが位置を保っていれば訓練が出来ていることになります。次のステップとしてもう1つ舌の中央に輪ゴムを載せまた飲み込む練習をします・2本のゴムがずれずに位置を保っていればOKです。渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

筋機能訓練4

舌のトレーニング

舌の先が上の裏の真ん中の歯茎の先に付くことが確認できましたら、小さい輪ゴムを舌の先に載せて水を飲みます。もしも、舌先が歯茎のところにしっかりついていないと、輪ゴムがずれたり飲み込んでしまったりしますので、その場合には舌の正しい動きを復習し練習します。とにかく舌が初めに上と下の前歯の間に行かずに上の歯茎に行くようにしなければなりません。  渋谷区 渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年11月 »