« 2005年4月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

筋機能訓練3

舌のトレーニング

舌の正しい位置を確認する。上の前歯二本の間の歯茎の少し奥の膨らんだところ、ここにまず舌の先が付く様に意識して練習します。わかり易い様に、舌の先に小さな輪ゴムを載せて上顎歯茎の先と舌の先がまずついていることを確認します。これが最初のステップです。小さな輪ゴムは矯正歯科治療で使う直径数ミリメートルのものです。渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

筋機能訓練

開咬

指しゃぶりが小学校に入学後も続いていると、前歯が萌え代わる時に開咬になってしまいます。そうしますと奥歯が噛んでも前歯が開いた状態になり、そこに舌が突き出しように入り込んできます。口びるの閉じるちからは弱くなり、舌の押す力が物を食べたり飲み込んだりする時にまず前歯の隙間を防ぐために働きます。本来、舌は飲んだり、食べものを飲み込むときは上の前歯の歯茎のすぐ奥に動きます。正しい舌の動きを意識しながら動かす練習を筋機能訓練と言います。        渋谷 宮益坂 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

筋機能訓練

お祝い事

指しゃぶりで口の周りの異常で筋機能訓練が必要になることがあります。このことは後日にまわします。本日は歯科校医をしています渋谷区立常磐松小学校の創立80周年記念式典が常陸宮正仁親王殿下・同華子妃殿下御臨席のもと盛大に挙行されました。誠におめでたく心よりお祝い申し上げます。   渋谷区、渋谷、宮益坂  松野 修次   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

悪習癖・・2

悪習癖は出来れば小学校入学前には止めさせたいものです。指しゃぶりにしても根気よくお話をして外遊びを多くしたり、ほかの事で気を紛らわせたり、少なくとも夜寝る前たまにするくらいにしておくようにすべきです。毛布やタオル等の噛んだりしゃぶったりするのも同様です。ほほづえやえんぴつ噛みのくせは小学校入学してからの方が多いかもしれません。ひどいと歯がすり減ったり、顎が曲がって成長してしまうことがあります。  矯正歯科  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪習癖

指しゃぶりの他に、舌を吸ったり、もてあそんだり、口びるをかんだり、すったり、えんぴつを噛んだり、タオルや毛布をよく噛んだり、ほほづえをついたりするようなことを頻繁にしていますと、顎の成長や歯のならびに悪い影響が出やすいので、「悪習癖」と言います。なるべく注意をしてあげ、徐々に止めさせるようにしなければなりません。  矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

おしゃぶり

乳幼児の時期に、精神的な安定や口呼吸を防いで鼻呼吸をさせることなどから、おしゃぶりを推奨することがあります。しかし、矯正医の立場から考えますとあまり勧められません。指しゃぶりがひどく、それを止めさせるため一時期の使用は考えられますが、どうしても、口の周りの口腔周囲筋および歯ならびや顎の成長に与える影響が心配です。  矯正歯科  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

指しゃぶり(よく噛むために・・5)

指しゃぶりは3歳くらいまでどうしても止められない場合には、矯正歯科治療を考えることをお勧めします。歯ならびや骨格の成長を検査して問題が出ている場合には指しゃぶり防止の装置を使い始めます。取りはずしの出来るタイプや歯に固定するタイプなどいろいろありますが程度とお子さんの状況に合わせて装置を選びます。舌や口びるなど筋機能に問題があれば対応します。また絵本などを使いながら指しゃぶりを続けるとどのようになっていくかなどもおはなしをしていくようにします。  矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

指しゃぶり(よく噛むために・・4)

指しゃぶりで指にかなり大きい硬い吸いだこができていると、頻繁にかなり強く吸っている症状になりますので、少しずつ止めさせる方向に持っていったほうがよろしいです。以前は指にからしを塗ったり、子供のきらいな味のするものをつけたりすることが記述してありますがどこか虐待的ですね。ワイヤーや金網で指サックを作ってはめることにより予防するのも一つです。また、指が分かれていない手袋をはめたり、パジャマの袖の先をくくって指が出ないようにする。袖が伸びてしまいますね。手袋の先に絵をかいて、指しゃぶりだめなんだという意識をさせる。いろいろありますが、やはり3歳くらいまでは外遊びを十分させてあげて指が口にいかないくらい気がまぎれれば一番いいと思います。十分なスキンシップをしながら。            矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

指しゃぶり(よく噛むために・・3)

指しゃぶりが著しいと、開咬といって奥歯が噛んでも前歯が開いたままになってしまいます。こうなると発音がおかしくなり、舌が開いた前歯の間に入り、いわゆる弄舌癖となり筋機能にも問題が出てくるので要注意です。     矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

指しゃぶり(よく噛むために・・2)

乳幼児期のお口の問題として、悪習癖があります。代表的なものが指しゃぶりです。2、 3歳くらいまででしたら普通程度でしたらあまり問題にならない場合が多いです。指しゃぶりの頻度が著しく、指に硬い吸いだこができていたり、歯のならびに影響がでていたり、顎の形が変形してくるようですと要注意です。よく噛めなくなってきますし、おしゃべりにも影響がでてきます。3歳を区切りに普通こちらの話が理解できるようになってきますのでいろいろとお話をしてあげる必要があります。松野矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

よく噛むために

よく噛む噛むためには、生まれたときからいろいろと気をつけることがあります。まず第一は、母乳で一生懸命吸うことにより顎を鍛えることです。そして、離乳食は段階を踏んで、その時期に応じた顎や動きや口の動きをさせることです。早くから硬めにして、よく噛まずに飲み込むことのないように、じっくりと進めたほうがよいのです。  松野矯正歯科  松野修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

よく噛まないと顎が大変・・・2

顎の大きさと歯の大きさが不調和があると乱杭歯で歯がでこぼこになるばかりでなく、上の前歯が飛び出た出っ歯(上顎前突)、反対に噛む反対咬合(下顎前突)、顎の関節のずれなどが起こりやすくなります。日頃の生活で注意することもあります。矯正歯科 松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

よく噛まないと顎が大変

400万年前と現代人の顎を比べた研究によりますと歯はゆったりと小さくなっているのに顎はどんどん小さくなっていると報告しています。火の発見、道具の進歩、肉食の導入などによって食べものを噛む回数が減ったからということを理由に挙げています。そうしますと顎の大きさと歯の大きさの調和がとれなくなり並びきれなくなりでこぼこした乱杭歯になりやすくなります。不調和をディスクレパンシー、乱杭歯を叢生といいます。  松野 修次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

よく噛む8大効果

「ひみこのはがいーぜ!」というスローガン。昨日のスローガンと別のものです。邪馬台国女王卑弥呼の時代(189年ころ)は現代食と噛む回数で比べると6.4倍も噛む必要があったという。ひ:肥満防止  み:味覚の発達  こ:言葉の発音はっきり  の:脳の発達     は:歯の病気予防  が:がん予防  い:胃腸快調  ぜ:全力投球

食事の時よく噛んで食べると、満腹中枢が働き食べ過ぎないで済みます。口周辺・舌をよく動かすと、舌の味覚も発達し、口びるの筋肉(口輪筋)が頬や鼻まわりや顎まわりもよく動き言葉の発音がはっきりし、口まわりを若若くしてしわをなくします。スポーツなどの時、運動能力を十分に発揮できるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

よくかむことは「あ・い・な・の・だ」

東京都歯科医師会で提唱した、かむことの大切な要素の頭文字を並べたスローガンです。「あ」:顎への影響・・・しっかりとした顎の骨(歯槽骨)・歯茎など(歯周組織)を育てる  「い」;胃腸での消化吸収を高める     「な」:何でも食べて成人病予防    「の」:脳への活発な刺激      「だ」:唾液の効果(ガン予防)、ダイエット効果

噛み応えのあるものを良く噛んでたべることによって唾液をいっぱい出します。唾液は食物を胃腸にスムースに運びますし、消化酵素やガン予防の酵素も含まれています。噛む筋肉をよく使うことで、脳へ活発な刺激をあたえます。よく噛める人は食事のバランスもよく何でも食べられ、成人病を予防できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

うれしい二ュース

歯科校医をしている渋谷区立常磐松小学校が第44回全日本学校歯科保健優良校表彰で特別賞を受けることが決定しました。本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

学校の児童の皆さんの実践と校長先生・養護はじめ先生方の熱心な御指導と御家庭の父母の皆さんの御協力の賜物とうれしく思います。昨年も平成16年度 日本学校保健会健康教育推進学校最優秀校という賞を受け、2年連続で全国表彰を受けたことは健康教育の日本一のレベルの高さが認められ、今後も自身を持って続けていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

しっかり噛めることは健康の源

矯正歯科専門で渋谷の宮益坂で開業してから20年が過ぎました。 よい歯並びに治すと、お口の健康ばかりでなくダイエット効果や若返りにもなります。 幼児から大人まで、いろいろな年齢に応じた治し方があります。早いほうが良いのですが、年をとってからでもあきらめることはありません。 少しずつ矯正歯科のインフォメーションを発信したいと思います。よろしくお願いいたします。

                                      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年11月 »